【2019ゲムマ秋新作】「三匹のパレード」ルールに合わせてパレードを作る、ルール更新系カードゲーム!

3匹のパレードタイトル ボードゲーム

みなさんこんにちは! あんしらです。

 

ゲームマーケット2019秋に向け続々と色々なサークルさんが新作ゲームの準備を進める中、あんしらブログでも何かできないかと思い、発売前に新作ゲームを実際に遊ばせていただき、ルール付きで紹介しよう! という企画を立ち上げました。

今回はその企画でお声掛けいただいた中の一つ、まんじ堂 @manjiro_craft さんより頒布予定の「3匹のパレード」を紹介します!

※テストプレイ段階のため、頒布までにルールの変更などがある可能性があります。

 

3匹のパレードころころ変わる審査員のルールに合わせてパレードを作る、ルール更新系のカードゲームです。

ルールに合わせて素敵なパレードを作りましょう!

 

今回は仮のカード、コンポーネントを使用しての紹介になります。

デザインはほぼ出来上がっているようですので、記事内で紹介しているイメージと大きく変わることはなさそうです。

概要

プレイ人数 2-6人

プレイ時間 10-30分

対象年齢 10歳以上

ゲームの目的

説明書に下記のようなフレーバーがありますので、参考にしてみてください。

今日はイヌとネコのパレードフェスティバル♪

一番素敵なパレードを組んで、目指せ優勝!

ところで審査員が全員そろっていないみたい。

もしかして・・・ズルできちゃうかも?

3匹のパレードは「イヌ・ネコ」「数字」「ルール」の3つが書かれたカードで3匹のパレードを組み、他のプレイヤーよりも素敵なパレードを作ることを目指します。

審査員席にイヌやネコを送り込むことでパレードのルールを変えることができます。

各プレイヤー同士、自分に有利なルールに更新しあいながら、勝利を目指しましょう。

ルールカードの説明

ゲーム開始前に、パレードのルールを決めるカードの見方を説明します。

緑のルール

3匹のパレード緑ルール

緑のルールはパレードを作るときに、カードを前か後ろどちらに追加するかを決めます。

審査員席に「お先にどうぞ」がある場合はカードの左に置かなければいけません。

「後ろにどうぞ」はその逆です。

赤のルール

3匹のパレード赤ルール

赤のルールはパレードが完成した時、最後尾の動物を決めるカードです。

審査員席に最後尾はネコ」がある場合、一番右のカードはネコでなければいけません。

もしイヌだった場合、1次審査脱落となってしまいます。

青のルール

3匹のパレード青ルール

青のルールはパレードが完成した時の数字の大小を決めます。

パレードが完成したら3枚のカードを3桁の数字として扱います。

審査員席に昼は大さわぎ!」がある場合、数字が大きいプレイヤーの勝利

夜はしずかに…」の場合、数字が小さいプレイヤーの勝利となります。

ゲームの準備

今回はにゃんこ3匹の対決です。

まずは画像のようにカードなどを準備しましょう。

3匹のパレード準備

1.審査員席シートを中央に置きます。

2.カードをよく切って各プレイヤーに4枚ずつ配りましょう。

最近イヌかネコを見たプレイヤーがスタートプレイヤーになります。

※にゃんこたちは生まれた時からネコなのでじゃんけんで決めました。

ゲームの流れ

3匹のパレードは以下で紹介するラウンドの流れを1ラウンドとして、プレイ人数分のラウンド回数を行い、最終的に勝利点の一番多いプレイヤーの勝利となります。

※2人プレイの場合のみ4ラウンド。

 

ラウンドが始まったら、まず山札から1枚カードをめくり、審査員席の色に合わせて表向きで置きましょう。

これがパレードの初期ルールとなります。

3匹のパレード初期ルール

スタートプレイヤーから手番を行います。

各プレイヤー最初の手番は、手札のカード1枚を裏向きでパレードに加えます。

カードを出したら山札から1枚カードを引きます。

3匹のパレード流れ1

2回目以降の手番からは3つのアクションから行動を選んで手番を行います。

①手札から自分のパレードに加える

3匹のパレードアクション1

手札から1枚選んで表向きでパレードに加えます。

この場合、審査員席に「お先にどうぞ」があるのでカードの左に加えなければいけません。

カードを出したら山札からカードを1枚引きます。

②手札から審査員席にカードを置く

3匹のパレードアクション2

手札から審査員席にカードを置いてルールを更新します。

カードを出したら山札から1枚引きます。

既にカードが置かれているところにもカードを置けますが、既に置いてあるカードの数字以上のものしか置くことができません。

3匹のパレードア更新ルール

③山札から1枚公開して任意の場所に置く

3匹のパレードアクション3

山札から1枚カードを公開して、自分のパレードか審査員席に置きます。

この画像のように、めくったカードが既にある審査員席のカードの数字より小さかった場合は、パレードに加えるしかありません。

 

この3つのアクションから1つを選び、手番を繰り返していきます。

いずれかのプレイヤーが3枚のカードをパレードに加えて、パレードが完成した場合、「パレード!」と言いましょう。

3匹のパレード流れ2

パレードが1つでも完成したら、それ以降審査員席にカードを置いてルールを更新することはできません。

全員のパレードが完成したら、すべてのカードを表向きにしましょう。

3匹のパレード流れ3

まずは、1次審査の条件を確認しましょう。

3匹のパレード流れ4

「最後尾はネコ」のルールがあるため、最後尾がイヌのにせわれはこの時点で脱落します!

3匹のパレード流れ5

残りの2匹は1次審査は突破したので、青のルールに従って数字を比べます。

3枚のカードの数字を3桁の数字として比較します。

今回は初期状態の、「昼は大さわぎ!」なので数字が大きい順に順位が決定します。

3匹のパレード流れ6

432 対 254でたちしろの勝ちとなりました!

順位が決定したら以下の表の通り、山札からカードを引きます。

書かれている数字の合計が勝利点となります。

順位 受け取る枚数
1位 3枚
2位 2枚
3位 1枚

※1次審査で脱落したプレイヤーは受け取れません。

3匹のパレード流れ7

受け取ったカードは自分だけで確認し、裏向きで置いておきましょう。

ここまでで1ラウンドが終了となります。

次のラウンドに移る準備をしましょう。

審査員カード、パレードに使ったカードを集めて、捨て札とします。

手札について各プレイヤーは以下の2種類の中から選ぶことができます。

・4枚の手札をそのまま次のラウンドに持ち越す。

・手札をすべて捨てて新たに4枚山札から引く。

 

これを人数分のラウンド数繰り返し、最終的に最も勝利点の高いプレイヤーの勝利となります。

まとめ

このプレイ感はなかなかいいですね~。

あんしらの第1印象としては、「ラブレター」のような運と駆け引きのバランスがちょうどいいゲームだなーという印象でした。

手札の引きによる運と、ルールを更新する駆け引きのバランスがいい感じで、ライトだけどしっかり駆け引きの楽しめる、初心者から上級者まで楽しめる感じのゲームだと思います!

数字の高いカードをパレードに使うか、強固なルールとして審査員に出すか、ここら辺の戦略も重要ですね~。

2~6人と広いプレイ人数に対応しているのもいいですね。

2人プレイは少し運要素低めのガチ目のプレイ感となり、人数が増えるにしたがって運要素が上がってパーティーよりのゲームになる感じです。

まんじろうさんとの2人プレイで遊ばせてもらったとき「夜はしずかに…」の状態で「001」というほぼ勝てないパレード(ほぼ無音パレード)を出され、泣きました・・・が、とても楽しかったですw

 

ルールに合わせてパレードを作る、ルール更新系カードゲーム、「3匹のパレード」ぜひ、ゲムマ当日遊んでみてくださいね!

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

 

コメント