【ルール付きレビュー】「ストライク」サイコロを振るだけなのに盛り上がるボードゲーム! 

ボードゲーム

みなさまこんにちは、あんしらです。

 

今回紹介するおすすめボードゲームは「ストライク」です!

 

ルールがとても簡単で、サイコロを振るだけなので初心者にもおすすめのボードゲームになっています。

サイコロを振るだけなんですが、何個まで振るか、サイコロのぶつけかたなど戦略要素もあるゲームになっています。

 

ストライクで使用するサイコロは「1」の目が「×」になっています。

「×」が出たらゲームからサイコロを除外します。

詳しくはルールで説明します。

概要

プレイ人数 2-5人

プレイ時間 15分

対象年齢 8歳以上

 

ゲームの目的

ストライクは、自分の手持ちのサイコロが無くなったら負けのサドンデスゲームです。

最後までサイコロが残っているプレイヤーの勝利となります。

ゲーム準備

今回はにゃんこたち5匹での勝負です!

たちしろ、ふせしろ、よこみけ、ふせみけ、にせわれ、みんながんばってね!

 

プレイ人数に合わせて以下の数のサイコロを配りましょう。

プレイ人数 サイコロの数
2人 9個
3人 8個
4人 7個
5人 6個

 

今回は5人なので6個ずつのサイコロを配ります。

アリーナ(サイコロを振る場所)に1つだけサイコロを振ってゲーム開始です。

ルール

まずはじゃんけんなどで、スタートプレイヤーを決めます。

 

ルールを簡単にまとめると以下のようになっています。


・手番プレイヤーはサイコロを1個アリーナに投げ入れる。

※すでにあるサイコロに当ててもOK

 

・サイコロを振って数字が揃わなかったら、もう1個サイコロを振ってもよい

※揃うまで何回でもOK

 

・サイコロを振って数字が揃ったら揃っているダイスをすべて獲得する。

※獲得したら手番は強制的に終了

 

・アリーナにサイコロが1つも無かったら、手番のプレイヤーは持っているすべてのダイスをアリーナに投げ入れる。

 

・いずれの場合も「×」の目が出たらそのサイコロは脱落し、ゲームから除外します。

 

・サイコロを振って、アリーナの外に出てしまった場合は出てしまったサイコロは除外し、強制的に手番は終了します。


 

実際ににゃんこたちのプレイを見ていきましょう!

今回はよこみけからスタートです。

 

手番のプレイヤーはサイコロを1個アリーナに投げ入れます。

※すでにあるサイコロに当ててもOK。

 

サイコロを投げ入れて、数字が揃わなかった場合は新たにもう1個サイコロを投げ入れてもOKです。

※数字が揃うまで何度でもOK。

 

今回はよこみけは1個投げて手番を終了しました。

次はふせしろの手番です。

 

サイコロが2の目で揃いましたね。

揃ったサイコロはすべて獲得します。

 

今度は「×」の目がでましたね。

※「×」の目が出ても目が揃っていなければもう1個サイコロを振ってもよい。

 

「×」の目になったサイコロはすべて除外しましょう。

 

ここで、よこみけが振ったサイコロがすべて揃って「3」の目になりました!

 

すべてのサイコロが揃ったのでアリーナの中にはサイコロが無くなりました。

次の手番のふせしろはすべてのサイコロを振らなければいけません!

 

6個のサイコロを振って何個帰ってくるかな?

 

6個振ってなんとか4個戻ってきたのでよかったですね!

 

このようにして最後までサイコロを持っていた人が勝利になります。

プレイしてみた感想

まずは今回のにゃんこたちの勝負の結果を見てみましょう!

 

よこみけの勝利です! おめでとう、よこみけ!

 

サイコロの目が揃うかどうかは運によるんですが、揃わなかったら何個まで投げていくかという戦略も重要になってくるゲームですね!

プロになってくると、サイコロに一定の方向から投げて、意図した目にサイコロを揃えるなどの高等テクニックを使ったりするようです!

 

すべてのサイコロが揃ったときが一番の盛り上がりポイントですね!

次のプレイヤーが全部のサイコロを投げて、うまくすべて目が揃って帰ってきたり、逆に全く揃わずに即脱落したりするのがとても面白いです。

 

5人まで遊べて、ルールも簡単で盛り上がるので家族などで遊ぶのにもいいゲームだと思います。

ストライク、ぜひ遊んでみてくださいね!

 

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

 

コメント