【ルール付きレビュー】「コヨーテ」大人数でワイワイ楽しもう!

ボードゲーム

みなさんこんにちは、あんしらです。

 

今回紹介する、おすすめボードゲームは「コヨーテ」です!

 

ボードゲーム初心者の方にもおすすめの、大人数でワイワイ楽しめるゲームです。

 

コヨーテの最大の特徴は自分に配られたカードを見ることができないという点です。

プレイヤーはお互いに自分以外のカードを見て、自分を含む全員のカードに書かれている合計数を予想するゲームです。

概要

プレイ人数 2-10人

プレイ時間 15-30分

対象年齢 10歳以上

ゲームの準備

いけにえの人形カードを黄色い面を上にして各プレイヤーに配ります。

縦に長いカードをよく切って各プレイヤーに1枚ずつ配り、各プレイヤーは自分だけ見えないようにおでこの前などで持ってゲームスタートです。

 

ルール

コヨーテは場に出ているカードの合計数(コヨーテの数)を予想するゲームです。

カード裏側のサマリーを見ながら数字を推理しましょう。

簡単なルールまとめ

・各プレイヤーは自分だけのカードが見えない状態で、時計回りに前の人より大きい数字を宣言していきます。

 

前のプレイヤーの宣言した数字が、全員のカードの合計数を超えていると思ったら「コヨーテ!」と宣言します。

 

・「コヨーテ」宣言が出たら、全員のカードを場に出して合計数を確認し、宣言した数字を超えていたら「コヨーテ」成功で一番最後に数字を宣言したプレイヤーがライフを失います。

合計数が宣言した数字を超えていなかったら、「コヨーテ」失敗で「コヨーテ」宣言したプレイヤーがライフを失います。

※合計数と宣言した数が同じだった場合「コヨーテ」宣言したプレイヤーがライフを失う。

 

・プレイヤーのライフは3ポイントからでスタートし、ライフが0になると脱落します。

最後まで生き残ったプレイヤーの勝利です。

 

ライフの見方

残りライフの見方は自分プラスいけにえの数になっています。

いけにえカードが無くなったら残りライフ1、いけにえがない状態でライフを失うと脱落です。

 

特殊なカード

コヨーテには数字以外にも特殊な効果のカードがあります。

・夜(特殊0)カード:コヨーテはラウンド終了ごとに使ったカードは混ぜずに新たにカードを配りますが、この夜カードが出た場合次のラウンドは使用したすべてのカードを山札と混ぜて配ります。

※数字は「0」として扱う

 

・?カード:合計数を計算時に山札の一番上のカードを引きその数を合計数に加えます。

 

・MAX→0カード:場にある一番大きな数字のカードの数値を「0」にします。

 

・×2カード:合計数を計算時にすべてのカードの合計を×2します。

 

ゲームの流れ

今回はふせしろ、にせわれ、よこみけ、ふせみけの4匹の対決の様子を見ながらゲームの流れを見てみましょう。

 

ふせしろが「5」を宣言したので、次のにせわれは「6」以上を宣言しなければいけません。

 

みんな数字を上げていって、再びふせしろまで回ってきましたね。

もし、ふせみけの宣言した「9」がカードの合計数を超えていると思ったら「コヨーテ!」と叫びましょう。

超えていないと思ったら、「10」以上の数字を宣言します。

 

ふせしろはまだ超えていないと判断し、「12」を宣言しましたが次のにせわれが「コヨーテ!」を宣言しました!

 

コヨーテの宣言が出たら全員カードを場に出して合計数を確認しましょう。

 

合計は「9」だったので「12」を宣言したふせしろはライフを失ってしまいました!

ふせしろは見えている数字では「14」まで行けると思ってたんですが、自分がマイナスの数字の可能性も考えて推理しなければいけなかったですね。

 

このようにして、ラウンドを繰り返し最後まで生き残ったプレイヤーの勝利です。

 

プレイしてみた感想

まずは今回のにゃんこたちの勝負の結果を見てみましょう!

 

ふせみけがライフ2を残して強さを見せつけました!

おめでとう! ふせみけ!

※裏側見えてたらゲームにならないよ!

 

 

ルールがわかりやすく最大10人まで遊べるのが最大の特徴ですね。

1回のプレイも短く、さくさくできるのでちょっとした時間にもできそうです。

 

久々にこんなにまじめに足し算したな~って、脳みそなまりまくってることに気付けるいいゲームでしたw

 

実は席順が結構重要で、隣の人が強いとぎりぎりの数字を毎回ぶっこまれて冷や汗をかきます。

 

大人数でわいわいライトに短時間で遊べるので初心者にもおすすめのゲームです。

 

コヨーテでぜひ遊んでみてくださいね!

 

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

 

コメント