【ルール付きレビュー】「マンカラ・カラハ」紀元前から世界中で遊ばれていたゲーム!

ボードゲーム

みなさまこんにちは、あんしらです。

 

今回紹介するおすすめボードゲームは「マンカラ・カラハ」です!

2人用のゲームで、ルールは簡単なんですが先を読んで石を動かす駆け引きが熱いゲームになっています。

 

このゲームなんと紀元前から世界中で遊ばれているというから驚きです。

「マンカラ・カラハ」では4種類のルールで遊ぶことができますが、今回は一番オーソドックスな「マンカラ・ベーシック」のルールを紹介します。

 

そのほかのルールも細かい部分が違うだけでそこまで大きく変わることはありません。

何度も対戦して「マンカラ・ベーシック」に慣れてきたらほかのルールでも遊んでみてくださいね。

概要

プレイ人数 2人

プレイ時間 10-15分

対象年齢 8歳以上

ルール

今回は新登場のにゃんこ、しらたまとあんこの対戦を見ながらルールを紹介します!

 

まずはゲームの準備から。

12個ある丸いポケットに石を4個ずつ入れましょう、準備はこれだけです。

 

ゲームの目的は反時計回りに石を動かしていき、自分の陣地の石をすべてなくしたら勝ちです。

 

石の動かし方は、自分のポケット1つを選び、入っている石すべてを取り出し1つずつ半時計回りにポケットに入れていきます。(四角いポケットにも入れます)

動かし終わったら相手の番です。

あんこは左から4番目のポケットを選びました。

すると最後の石が四角いポケットに入って終わりましたね。

この場合もう一度自分の手番になります!(左右どちらの四角いポケットでもOK)

 

あとはこれを繰り返して、先に自分の陣地の石をすべてなくしたプレイヤーの勝利となります。

プレイしてみた感想

まずは今回のにゃんこの勝負の結果を見てみましょう!

5個の石の差をつけてあんこの勝利! おめでとうあんこ!

 

 

ルールは単純なんですが、予想以上に奥が深いゲームです。

何回かやりましたがいまだにどうすれば勝てるのかよくわからない・・・

 

四角いポケットを最後に狙って連続で手番を繰り返して、これは勝てる!と思っても相手の陣地に石を押し付けていないので、案外連続で手番やるだけでは勝てないんですこれが。

 

相手がどこのポケットを動かすか、それを読んでどう動かしていくか考えていくのが楽しいゲームですね!

あとは石がきれいなので眺めているだけでも癒されます。

 

このゲーム、頑張れば自作もできちゃうゲームです。

こちらの記事では空き缶とおはじきなどを使って自作していますので、自作してみたいという方は参考にしてみてくださいね。

 

ルールが簡単で親子でも楽しめるマンカラ・カラハぜひ遊んでみてくださいね!

 

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

コメント