【ルール付きレビュー】「ゴッズギャンビットG」UNOが物足りなくなったらこれ! 

ボードゲーム

みなさんこんにちは、あんしらです。

 

今回紹介するおすすめボードゲームは「ゴッズギャンビットG」です!

こちらのゲーム簡単に説明すると、”特殊能力付きUNO”です!

 

UNOのように場に出ているカードと同じ色か同じ数字のカードを出していき、手札が無くなった人が勝利なんですが、さらにカードに色々な特殊能力がついていて、コンボ的な要素や駆け引きが生まれるゲームになっています!

 

概要

プレイ人数 2-6人

プレイ時間 20分

対象年齢 10歳以上

ゲームの目的

ゴッズギャンビットGは減点方式のゲームになっています。

場に出ているカードを同じ色、同じ数字のカードを出していき、一番最初に手札をすべて出したプレイヤーが出た時点でゲーム終了です。

 

この時点ですべて手札を出したプレイヤーは減点0

残りのプレイヤーは後ほど説明しますが、「カルマ置き場」+「手札」に書かれている数字をすべて足した数が自分のマイナス点となります。

 

これを3回プレイし、一番減点の少ないプレイヤーが優勝です。

ゲームの準備

今回はにゃんこ4匹の対決です!

まずは全員にカードを7枚ずつ配ります。

あとは山札から一番上のカードをめくり真ん中に置きましょう。

ここまではおそらく普通のUNOと同じだと思います。

 

もし、「喇叭吹き」というカードが手札にあった場合は端のほうに置いて除外します。

※手札が少ない状態でゲーム開始できます。

「喇叭吹き」は特殊なカードでこのカードが4枚出た時点で、ラウンド終了となります。

ルール

カードの種類

まずはカードの種類ですが、4種類の色とワイルドカードがあります。

「青」「黒」「赤」「白」「ワイルド」の5種類です。

「喇叭吹き」は特殊なカードなので基本出たら除外するカードになります。

 

ワイルドは何色としても扱われるので何色の上にも出せますし、ワイルドの次のカードは何色でもOKです。

 

まずじゃんけんなどでスタートプレイヤーを決め、あとは時計回りに1枚ずつカードを出していく流れになります。

 

「場札」と「カルマ置き場」

ゴッズギャンビットGでは「場札」と「カルマ置き場」という2種類のカードを置く場所があります。

カードが重なっていく中央の場所を「場札」、自分の前が「カルマ置き場」となっています。

 

カードを「場札」、「カルマ置き場」どちらに出す場合も場札の一番上のカードと同じ色、同じ数字のカードしか出すことはできません。

カードを出すことができない場合は山札から1枚とり、カードが出せる場合は「場札」「カルマ置き場」に出してもOK、出せなければ手札に加えます。

※出せるまで引く必要はありません。

カードを「場札」に出した場合

カードを「場札」に出した場合は特に特殊な処理は行わず、次のプレイヤーの手番となります。

カードを「カルマ置き場」に出した場合

カードを自分の前の「カルマ置き場」に出した場合、カードに書かれている特殊効果を使うことができます。

 

ふせみけが数字が同じなので「8の従神」を「カルマ置き場」に出しました。

すると、特殊効果としてさらに手札を2枚出すことができます!

※場札に出す場合は同じ色、数字のルールで出す。

こうすることで1ターンで3枚も手札を減らすことができます。

 

これは強いですね~、じゃあ何も考えずに毎回カルマ置き場にカードを出しまくって一気に終わらせたらいいじゃないか、と思っちゃいますが実はデメリットがあります。

「カルマ置き場」に置いたカードはラウンド終了時マイナス点として残ります!

 

そうなんです、強い効果ほど数字が高く設定されており、使いすぎるとどんどんマイナス点が膨らんでしまうんですね~。

しかし、手札をすべて最初に出して上がった人はカルマ置き場のカードがどれだけあってもマイナスはなしで0点になります!

 

これによって、カルマを使いまくって1位を目指すか、場札にちびちび出してマイナスを減らすか人によって戦術が変わってくるんですね~。

ラウンド終了時の処理

いずれかのプレイヤーがすべて手札を出した時点でラウンドは終了になります。

 

手札をすべて出したプレイヤーはカルマ置き場にいくらカードがあってもマイナス点はありません。

今回のラウンドはふせみけが1位で手札をすべて出したので、マイナス点はありませんでした。

 

残りのプレイヤーはマイナス点の計算を行います。

「手札」と「カルマ置き場」両方のカードの数字を合計した数がマイナス点となります。

ふせしろの点数を計算してみましょう。

手札が1枚とカルマが3枚ありますね、すべて合計して「マイナス43点」ですね。

 

これを3ラウンド行いマイナス点が一番少ないプレイヤーの優勝です。

特殊効果

カードの特殊効果について一部紹介します。

6:司祭

効果:自分のカルマ2枚を場札に出す

カルマを場札に出すことで、負けた時のマイナス点を減らすことができるカードです。

効果の高いワイルドカードを使いすぎたときに使いましょう。

7:教主

効果:もう一度手番を行う

もう一度手番を行うことができる強力なカードです。

教主を連続で出せば、ずっと俺のターン! ができちゃいますよ!

9:化身

効果:受けた効果を無効にし、手番プレイヤーになる

ほかのプレイヤーからの攻撃に対して効果を無効にするカードです。

ゴッズギャンビットGには手札をドローさせる攻撃カードがたくさんあるので、それらを無効化してさらに自分の手番になることができるこの化身はかなり強いです。

20:死霊

効果:プレイヤー1人選ぶ、そのプレイヤーはカードを4枚引く

指定したプレイヤーに4枚カードをドローさせることができる強力なカードです。

強力な代わりにこのカードは場札に出すことができません。

30:邪心

効果:プレイヤー1人を選ぶ、そのプレイヤーは手札を7枚にする

手札が残り1枚のプレイヤーに使えば、6枚ものカードをドローさせることができる強力なカードです。

こちらも強力な代わりに場札に出すことができず、カルマが30とかなり高くなっています。

おすすめスリーブサイズ

ゴッズギャンビットGのカードサイズは63mm×89mm合計112枚のカードが入っています。

おすすめのスリーブはこちらのかどまるスリーブです。

角が丸くなっているのでカードにぴったりフィットして使い心地GOODです。

100枚入りなのでこちらが2セット必要です。

まとめ

小さいころにUNOをやったことがあるという人は多いのではないでしょうか。

あんしらも昔UNOをやったことがあったので、この「ゴッズギャンビットG」のルールはすぐに理解することができ、かなり楽しめました。

 

あんしらはどちらかというと1位を狙ってがんがんカルマ溜めちゃう派なので、1回くらい1位であがったとしても、3回合計すると結局マイナスがかなりでかくなって負けるということが何度かありました。

 

カルマと場札に出すバランス、あとはいかにプレイヤーからの攻撃を防いで上がることができるか、残す手札など気を使う戦略性がある奥が深いゲームになっています!

 

UNOに戦術、読みあいが加わった「大人のUNO」という感じのゲームですね!

 

昔UNOが好きだったけど、今やるにはちょっと・・・という方にはおすすめのゲームになっていますよ!

「ゴッズギャンビットG」ぜひ遊んでみてくださいね!

 

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

コメント