【ルール付きレビュー】レジスタンスアヴァロン ゲームマスター不要!脱落者なしの正体隠匿ゲーム!

アヴァロンタイトル ボードゲーム

みなさんこんにちは! あんしらです。

 

今回紹介するおすすめボードゲームは「レジスタンスアヴァロン」です!

レジスタンスアヴァロンは人狼ゲームのような正体隠匿ゲームです。

プレイヤーはアーサーの家来、モードレッドの手下に分かれて戦います。

 

レジスタンスアヴァロンの最大の特徴はゲームマスターが不要なことと、ゲーム中に脱落者が出ないことです。

人狼ゲームではゲームマスターが必要なため、プレイに多くの人数が必要ですがレジスタンスアヴァロンでは最低5人からプレイ可能です。

また、ゲーム中に脱落者が出ないため最初に処刑されて、ずっと眺めているだけというようなことがなく、最後まで全員で楽しむことができます。

概要

プレイ人数 5-10人

プレイ時間 30-90分

対象年齢 13歳以上

ゲームの準備

今回はにゃんこ6匹での対決です!

今回紹介するのは一番簡単で分かりやすいルールで説明します。

慣れてきたら色々な役職を入れてプレイすることも可能です。

6人プレイ時の準備の例です。

アヴァロン準備

役職カード

今回は一番簡単なルールで行うので以下のカードを用意します。

・アーサーの忠実なる家来×3

・マーリン×1

・モードレッドの手下×1

・暗殺者×1

得点ボード

プレイ人数によって裏表で複数用意されています。

今回は6人プレイなので右下に6人と書かれているボードを用意します。

得点ボード

 

その他のコンポーネント

その他画像の通り用意します。

・チームトークン×4

・クエストカード(成功・失敗)各×4

・リーダートークン

・投票トークン(承認・却下)各×人数分

・ラウンドマーカー

トークン説明

ゲームの目的

レジスタンスアヴァロンはアーサーの家来(青)陣営とモードレッドの手下(赤)陣営に分かれて戦います。

リーダーが決めたメンバーでクエストに行くか投票し、可決した場合はそのメンバーでクエストに向かいます。

クエストカードがすべて成功であればクエスト成功、1枚でも失敗があればクエスト失敗です。

これを最大5回繰り返し、クエストが3回成功または3回失敗ゲーム終了です。

青陣営はクエスト成功、赤陣営はクエスト失敗を目指しましょう!

今回使う役職

ここで今回使う役職の説明をします。

基本的にどのルールでも今回紹介する役職は使用することになると思います。

アーサーの忠実なる家来

アーサーの家来

アーサーの忠実なる家来は特に何の能力も持たない青陣営の役職です。

人狼ゲームで言うと「村人」です。

モードレッドの手下

モードレッドの手下

モードレッドの手下は特に何の能力も持たない赤陣営の役職です。

人狼ゲームで言うと「人狼」です。

マーリン

マーリン

マーリンは青陣営の重要役職です。

なんとマーリンはゲーム開始時に赤陣営が誰か分かった状態でスタートします。

ということは?はい、最強ですね。

 

しかし、青陣営がクエストに3回成功したあと、次に説明する「暗殺者」によってマーリンが誰かを予想し、マーリンを当てられてしまった場合・・・!

なんと赤陣営の逆転勝利となります!

ほかの味方に誰が赤陣営なのかなんとな~くアドバイスしながら、勝利に導かなければならない難しい役職となっています。

暗殺者

暗殺者

暗殺者は上のマーリンで説明したように赤陣営のカードですが、青陣営がクエストに3回成功した場合マーリンが誰かを予想し、見事当てることができた場合、赤陣営を勝利に導くことができる重要な役職です。

ゲームに慣れていない場合は、ほかの赤陣営の味方とマーリンを予想してもよいでしょう。

ゲームの勝利条件

マーリンと暗殺者により勝利条件がちょっとややこしいのでまとめます。

青陣営の勝利条件

クエストに3回成功し、暗殺者がマーリンを当てられなければ勝利となります。

赤陣営の勝利条件

クエストを3回失敗させることで勝利。

または、クエスト3回成功した場合、暗殺者がマーリンを当てることができれば勝利となります。

 

ルール

今回はにゃんこ6匹の対決を見ながらルールを説明します。

よこみけ、あんこ、ふせしろ、しらたま、にせわれ、ふせみけこの中で誰が赤陣営なんでしょうか!

勝つのはだれだ!

まず各プレイヤーは自分の役職を確認したら、目を閉じます。

以下のように代表者が読み上げを行い状況を把握してからゲームスタートです。

・「全員目を閉じたら自分の手を握りこぶしにして、前に差し出してください」

・「モードレッドの手下は目を開き、誰が味方か確認したら目を閉じてください」

・「モードレッドは目を閉じたまま、親指を立ててください」

・「マーリンは目を開けてください、親指を立てている人がモードレッドの手下です」

・「マーリンは目を閉じ、モードレッドは親指を戻してください、ではゲームスタートです」

アヴァロンスタート

まずはじゃんけんなどでスタートプレイヤーを決めます。

今回はよこみけからスタートします。

スタートプレイヤーは王冠のトークンを受け取り、自分を含むメンバー誰とクエストに行くか決め、チームトークンを渡します。

クエストに行く人数は得点ボードに書かれている数字で示されています。

クエスト人数

よこみけは自分とあんこの2人で、クエストに行くことを決めましたね。

チーム決め1

この結果を受けて全員でクエストに行ってもよいか投票を行います。

投票1

投票の結果、承認が4票で過半数のためクエストに出発します!

クエストに行くよこみけとあんこはクエストカードを受け取ります。

クエスト出発1

クエストカードを受け取ったら、だれにも見えないように成功か失敗のカードを選び誰が出したかわからないようにシャッフルしてからオープンしましょう。

すべて成功であればクエスト成功、1枚でも失敗があればクエスト失敗です。

クエスト1結果

第1クエストに成功したため、青のマーカーを置いて第2クエストの投票に移りましょう。

チーム決め2

第2クエストは3人でクエストに向かいます。

投票2

投票の結果、却下となりました。

却下のためクエストには出発せず、ラウンドマーカー、リーダートークンを移動させ次のプレイヤーがチーム決め、投票を行います。

ラウンドマーカーが5まで行くと、強制的に最後に選ばれたメンバーでクエスト出発となります。

 

これを繰り返した結果・・・青陣営がクエスト3回成功となりました!

青陣営勝利?

さて赤陣営はだれだったのでしょうか。

赤陣営オープン

赤陣営はあんことしらたまでした!

さあ、しらたまはマーリンを当てられるでしょうか!?

マーリン当て

しらたまはにせわれを指名!

結果は・・・!?

マーリン当たり

見事!マーリンを当てることができたので赤陣営の逆転勝利です!

おめでとう!しらたま、あんこ!

 

まとめ

人狼ゲームも楽しいですが、初日に処刑され暇になったり、人数が集められなかったりすることがあるので、レジスタンスアヴァロンはとてもいいゲームだと思います。

 

人狼では役職を宣言して推理したりすることが多いですが、こちらはメンバーの選び方、投票の仕方によって推理をするので人狼とはまた違った推理が楽しめます。

大人数の時は人狼、5人から7人くらいだったらレジスタンスアヴァロンみたいな感じで分けて遊ぶといい感じです。

 

あんしらがマーリンに当たった時は特に何もヒントを出さずに普通に村人プレイをします。

ほかのプレイヤーの推理頼みです!みんな頑張って!

 

あんしら的におすすめの正体隠匿ゲーム、レジスタンスアヴァロン、ぜひプレイしてみたください。

みなさま良いボードゲームライフを! あんしらでした。

 

コメント