【ルール付きレビュー】「ブレイドロンド(Blade Rondo)」1人用ルール説明!

ブレイドロンド ボードゲーム

みなさんこんにちは! あんしらです。

 

今回はブレイドロンド(Blade Rondo)の1人用ルールを紹介します!

ブレイドロンドの基本的なルールについて、まだわからないという人はまずこちらの記事をご覧下さい。

 

 

2人用では使わない、白いカード(イデアカード)を敵としての5連続バトル!

今回挑戦するのは、よこみけです。

果たして5人のイデアを倒し、無事ゲームクリアできるのでしょうか!?

ゲームの準備

まずは2人プレイ同様にダイスなどを用意して、15枚の剣カードから7枚をデッキとして作ります。

残った8枚はデッキと合わせてシャッフルしましょう。

ブレイドロンド一人デッキ決定

次に剣の山札から15枚を裏向きのまま脇に置きます。

これをアウターパイルといいます。※後ほど説明

レイドロンドアウターパイル

ここまで準備ができたら、イデアとの対戦スタートです!

1人プレイルール

勝利条件

1人プレイではイデアカードを敵として対戦を行います。

イデアを倒すごとに、HPや攻撃力のパラメータはリセットされ初期値からスタートとなります。

これを繰り返し5体のイデアを倒すことができればゲームクリアとなります。

イデアカードの見方

ブレイドロンドスターリィ1

・初期能力値:対戦開始時にパラメーターボードのパラメータダイスを攻撃力、防御力ともに書かれている数字にします。(イデアにボルテージはありません)

・起動ターン:イデアは起動ターンになるまで行動しません。通常は自分のボルテージがイデアの起動ターンと同値以上になった次のターンから、イデアが動きだします。

※「加速するロンド」を使用した場合にはずれが生じるので注意!

・イデアの行動:イデアはボルテージを持たず、毎ターン書かれている行動を上から順番に行います。ただし、リミテッドアイコンのついている行動については、その行動を行ったら以降その行動は行いません。

ブレイドロンドスターリィ2

・開始効果:対戦開始時に自動的に処理される効果。

※1人用プレイでは基本プレイヤーが先行ですが、スターリィは開始効果によりプレイヤーが後攻となります。

・常在効果:対戦中、永続的に発生する効果。

アウタードロー

1人プレイ専用で「アウタードロー」という行動を、2コストで行うことができます。

簡単に言うと7枚のデッキでは勝つのが厳しい時の、救済措置的な行動です。

まず、2コスト支払いアウターパイルから3枚カードを引き確認します。

3枚の中から1枚を選び「アウターカード」として使用することができます。

選ばなかった2枚はゲームから取り除きます。

ブレイドロンドアウタードロー

「アウターカード」には以下の性質があります。

・コストは0として扱う。

・自分の本来のコスト以上の時にのみ使える。

・イデアとの戦闘中にのみ使用可、戦闘終了後に使用の有無に関係なくゲームから取り除く。

・リミテッドアイコンの付くカードは、使用したらゲームから取り除く。付いていないカードは次のターン以降も使うことができる。

 

アウタードローは強力な行動ですが、アウターパイルが15枚しかないため、5回のイデアとの対戦中合計で5回までしか使えません。

使いどころがかなり重要になってきますね。

まとめ

さて、今回1人プレイに挑戦したよこみけは無事に5人のイデアを倒すことができたのでしょうか!?

ブレイドロンド1回戦

まずは1回戦、ゼティとの対決。

ブレイドロンド1回戦勝利

なんとか倒すことができましたね、このあとも何とか勝ち進み4体目のイデア出現!

クレミエール

出ました! 黄色い背景の超強力イデア「クレミエール」!

果たしてよこみけは勝つことができたのでしょうか・・・

ブレイドロンド一人プレイ負け

残念ながらやられてしまいました・・・

やっぱり黄色い背景のカードは強いですね~、よこみけ残念だったね!また挑戦してね!

ブレイドロンド負けコメント

 

1人プレイと甘く見てかかると痛い目を見ますね~。

かなりぎりぎりの戦いを強いられます。

敵の行動が決まっている分、先が見えるので途中で「あれ、これ無理じゃない?」ってなることがしばしば・・・

そんな時は最終手段のアウタードローですが、これの使用回数も限られているので本当に悩みました。

1人用ボードゲームあまりやらないあんしらでしたが、想像以上の歯ごたえにはまってしまいました。

 

1人用としても十分楽しめる内容になっています!

ブレイドロンドぜひプレイしてみてくださいね!

 

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

コメント