【ルール付きレビュー】「お邪魔者」金鉱を目指して洞窟を掘る正体隠匿ゲーム!

お邪魔者タイトル ボードゲーム

みなさんこんにちは! あんしらです。

 

今回紹介するおすすめボードゲームは「お邪魔者」です!

「お邪魔者」は金鉱堀のドワーフとなり、洞窟の奥にある金鉱を目指して、金鉱堀の中にいるお邪魔者を推理して戦う正体隠匿ゲームです。

 

話し合いで役職を推理するというよりは、カードの出し方などが推理材料になるので、ガチの正体隠匿ゲームはちょっと苦手という方や、初心者の方にもおすすめのゲームになっています。

概要

プレイ人数 3-10人

プレイ時間 30分

対象年齢 8歳以上

ゲームの準備

まずはテーブルにゴールカード3枚とスタートカードを置きます。

ゴールカードは裏側にしてよく切ってから見えないようにしておきましょう。

スタートカードとゴールカードの間に、7枚のカードが入るようにスペースを空けて置きます。

今回はにゃんこ6匹でのプレイです。

役職カードと手札の枚数はプレイ人数ごとの変わるので、下記の表を参考にしてください。

6人の場合は手札が5枚、役職は金鉱堀が5枚、お邪魔者が2枚となります。

人数 3人 4人 5人 6人 7人 8人 9人 10人
金鉱堀 3枚 4枚 4枚 5枚 5枚 6枚 7枚 7枚
お邪魔者 1枚 1枚 2枚 2枚 3枚 3枚 3枚 4枚
手札枚数 6枚 6枚 6枚 5枚 5枚 4枚 4枚 4枚

お邪魔者準備2

これで準備完了です。

あとはスタートプレイヤーをじゃんけんなどで決めて、ゲームスタートです。

ゲームの目的

お邪魔者のゲームの目的は役職ごとに異なります。

お邪魔者役職

・金鉱堀:通路カードをつなげて、金鉱のゴールカードにたどり着くことが目的です。

お邪魔者ゴールカード1

・お邪魔者:金鉱堀を邪魔して、石ころのゴールカードに導いたり、行き止まりの通路を使って金鉱のゴールカードにたどり着くのを妨害することが目的です。

お邪魔者ゴールカード2

ルール

じゃんけんなどでスタートプレイヤーを決め、それぞれ手番を行います。

手番にできることは以下の3種類です。

1.通路カードで通路を伸ばす

2.アクションカードの使用

3.1枚捨ててパス

上記いずれかの行動を行い、最後に山札から1枚手札を補充して手番終了です。

1.通路カードで通路を伸ばす

手札から通路カードを出して、通路をつなげることができます。

カードの向きが違ったり、通路がつながっていないような置き方はできないので注意しましょう。

お邪魔者通路カード

2.アクションカードの使用

カードの上に丸いアイコンが書いてあるカードがアクションカードです。

大きく分けて4種類のアクションカードがあります。

・妨害カード:赤い斜線の入ったアイコンの妨害カードを相手に使うことで、出された相手は通路カードを使用して通路をつなげることができなくなります。

お邪魔者アクションカード赤

・修理カード:緑のアイコンは妨害カードを取り除くために使用します。トロッコ、つるはし、ランプそれぞれ対応したアイコンのカードを使うことで妨害カードを取り除けます。

※アイコンが2つ書いてあるカードはどちらか1つのカードを取り除けます。

お邪魔者アクションカード緑

・落石カード:好きな通路カードを1枚取り除くことができます。金鉱堀は行き止まりを、お邪魔者は金鉱につながる重要な通路を取り除きましょう。

お邪魔者落石カード

お邪魔者の人であればこんな感じで貴重な十字路を取り除いちゃいましょう!

お邪魔者落石カード2

こんなことしたら一発でお邪魔者確定で動けなくなりますねw

お邪魔者落石カード3

・宝の地図カード:3枚のゴールカードのうち1枚を確認することができます。結果は自分だけで確認し、結果は言わなくてもいいし、嘘の結果を言ってもOKです。

お邪魔者宝の地図カード

お邪魔者宝の地図

3.1枚捨ててパス

手札から出すカードがない、または出したくない場合、手札を1枚捨ててパスすることができます。

手札から捨てるカードは裏向きで見えないようにして捨てます。

おすすめスリーブサイズ

お邪魔者のカードサイズは「56mm×87mm」、カード枚数は110枚です。

おすすめのスリーブはこちらのボードゲームサイズのエンボス加工の入ったスリーブです。

エンボス加工でサラサラしていて、シャッフルしやすいのでとても使い心地がいいですよ!

100枚入りなのでこちらが2セット必要です。

お手軽な正体隠匿ゲームとしてあんしらもお気に入りのお邪魔者、これ1箱で10人まで遊べて箱も小さくてかさばらないのが気に入っています。

最近、人狼ゲームは議論についていけなくなりがちで苦手なのですが、お邪魔者はカードの出し方や宝の地図で議論誘導したりできるので、初心者でも気軽に正体隠匿ゲームを楽しめるのではないかと思います。

ゲーム後半では結構お邪魔者が誰か分かってくるので、そこまで推理に全力を注がなくても大丈夫なのもいいです。
お邪魔者になって「うーん出せるカード無いなぁ~」って言いながら十字路カードを捨てるのが楽しいですよ!
慣れてきたら、拡張版のお邪魔者2も混ぜて遊んでみましょう、役職が増えてさらに奥が深くなります。
お邪魔者ぜひ遊んでみてくださいね!
では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

コメント