【ルール付きレビュー】「デジャブ」記憶力と判断力がカギのお手軽ゲーム!

デジャヴタイトル ボードゲーム

みなさんこんにちは! あんしらです。

 

今回紹介するボードゲームは「デジャブ」です!

”デジャブ”とは何か見たことあるな~、といういわゆる既視感という意味の言葉です。

デジャブ」はまさにその通り、カードをめくり2回出てきたアイテムを取るゲームになっています。

 

アイテムはかなりたくさんあり、ややこしい間違いやすいアイテムが多くなっており、あれ?これ出たよな…と思ってしまうアイテムも多く入っています。

2回出ていないアイテムを取ってしまうと脱落するので、慎重になってしまいますが、早く取ることも重要なので記憶力と判断力、最後に決断力も必要なゲームになっています!

概要

プレイ人数 2-6人

プレイ時間 15分

対象年齢 8歳以上

ゲームの流れ

今回はにゃんこ4匹での対決を見ながらルールを紹介します。

まずは、たくさんあるタイルを全員が取りやすいように広げて置き、真ん中にカードの山札を置きましょう。

山札からカードを見ずに3枚を脇によけて除外したら準備完了です。

デジャブ準備

あとはカードを順番にめくり、真ん中に出していきます。

デジャブ流れ1

1枚目は「たつのおとしご」でしたね。

この時点ではまだタイルを取ってはいけません。2回目に出てきたときに素早く取りましょう。

デジャブ流れ2

このように2回目に出てきたアイテムを見つけたら、かるたのように素早く取りましょう!

カードには複数のアイテムが書いていることもあります。

取ったタイルは自分の前に置いて、自分のものと分かりやすいようにしておきましょう。

 

ゲーム中にカードをめくった時点で、もし誰かの前にそのアイテムがあったとしたら、それはまだ1回しか出ていない時点で取ったということです。

もし、見つけたらそれを指摘しましょう。

デジャブお手付き

指摘されたプレイヤーはお手付きとなり、そのゲームから脱落し獲得していたタイルにかかわらず点数は0点となります。

 

あとはカードがなくなるまでこれを繰り返したらゲーム終了です。

デジャブ終了

たくさんタイルを取ったからと言ってまだ勝ちとは限りませんよ~!

得点計算の前に、除外したカードを確認してお手付きチェックをしましょう!

デジャブお手付き確認

除外したカードに書かれているアイテムは、ゲーム中1回しか出ていません。

したがって、カードに書かれているアイテムを持っていた、よこみけとあんこはお手付きで脱落となります!

デジャブ勝者

ふせみけはゲーム中に脱落していたので、このゲームの勝者は7つのタイルを取ったにせわれの1人勝ちとなります!

おめでとう!にせわれ!

まとめ

これは単純に面白い!

ただカードに書かれているアイテムを取るだけだと、かるたと一緒ですが2回出てきたのを取るというのがとてもよくできていて面白いです。

小さい子と遊ぶ用に買ったゲームでしたが、ゲーム会で大人4人でやってめちゃめちゃ盛り上がりましたw

勢いよく自信満々にタイルを獲得していったプレイヤーが最後のチェックで脱落したり、ゲーム中に紛らわしいアイテムを取ってしまい、お手付き確定したりとにかく盛り上がりポイントが多く楽しめます!

あんしらも一度、懐中時計とコンパスを間違えて取ってしまい、即死しました・・・

デジャブ紛らわしいアイテム

ルールも簡単で、お手付きにより1発逆転もあるので、親子で遊ぶのにもとてもいいゲームですね!

仲のいい友人同士で、お酒を飲みながらワイワイやるのもよさそうです。

 

記憶力と判断力がカギのボードゲーム「デジャブ」ぜひ遊んでみてくださいね!

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

コメント