【ルール付きレビュー】「ペンギンパーティー」簡単ルールで奥が深い!親子でも楽しめるカードゲーム!

ペンギンパーティータイトル ボードゲーム

みなさんこんにちは! あんしらです。

 

今回紹介するボードゲームは「ペンギンパーティー」です!

ペンギンパーティーは簡単ルールで短時間でサクサク遊べる、カードゲームです。

ルールは単純ですが、先を読んだり相手を邪魔したり、しっかりと戦略もある良ゲーです。

ルールが簡単なので親子でも楽しめるでしょう。

概要

プレイ人数 2-6人

プレイ時間 15分

対象年齢 6歳以上

ゲームの目的

ペンギンパーティーはペンギンたちを使ってピラミッドを作っていくゲームです。

ピラミッドに乗せられなかったペンギンは、シャチのいる海に落ちてしまいます。

上手に全部のペンギンを使ってピラミッドを作りましょう。

ペンギンパーティー概要

ピラミッドに乗れなかったペンギンはマイナス点となり、マイナス点分のシャチチップを受け取ります。

プレイヤー人数分ゲームを繰り返し、最終的にシャチチップの一番少なかったプレイヤーの勝利となります。

ゲームの流れ

今回はにゃんこ4匹でのプレイです。

まずは、すべてのカードをよく切ってプレイヤーに配ります。

ペンギンパーティー準備

マイナス点になるシャチチップを取りやすい場所にまとめておきましょう。

準備ができたらスタートプレイヤーを決めて、1枚ずつカードを出していきましょう。

ピラミッドは一番下の段が8枚で1段上がるごとに1枚ずつカードが減っていきます。

 

一番下の段にカードを出すときは好きな色のカードを、すでにあるカードの右端か左端に出すことができます。

※8枚並んでいる場合、それ以上置くことはできません。

ペンギンパーティールール1

2段目以降は、すぐ下の段で隣り合っている2枚のカードの間にカードを置いていきます。

この時、置けるカードの色は下のカード2枚のどちらかの色でなければいけません。

ペンギンパーティールール2

カードを出すルールはこれだけ、下の段がすべて埋まっていなくても、どんどん上の段に出していってOKです。

ペンギンパーティールール3

カードを出していき、手番にカードを出すことができなかったプレイヤーは脱落し、残っている手札の枚数分のシャチチップを受け取ります。

※脱落したプレイヤーは以降の手番は飛ばされます。

ペンギンパーティールール4

すべてのプレイヤーが脱落するか、カードを出し切ったらゲーム終了です。

カードを出し切ったプレイヤーはシャチチップを2枚まで戻すことができます。

これを1ゲームとして、プレイヤー人数分ゲームを繰り返し、最終的にシャチチップの一番少なかったプレイヤーの勝利となります。

おすすめスリーブサイズ

「ペンギンパーティー」のカードサイズ「89mm×58mm」カード枚数36枚です。

おすすめのスリーブはこちら、ユーロサイズのエンボス加工スリーブです。

ボードゲームサイズのほうがピッタリな感じでしたが、少しスリーブに入れる際きつい感じがしたので、ユーロサイズをおすすめします。

こちら100枚入りなので、1セットでOKです。

初めてやった時、あんしらは3回とも2枚手札を残してしまい最下位となりました…。

カードの全体枚数と、自分が何色を何枚持っているのか、などを考えて上に伸ばすか下を固めるかなどいろいろ考えることがあって思っていた以上に奥が深いゲームだと思いました。

 

対象年齢が6歳からなので家族で遊ぶのにも、とてもいいゲームだと思います。

大体、毎回1枚か2枚手札が残るような感じで、大人と子供が一緒になってやっても案外いい勝負になるので、パパママが本気を出して子供と遊べる良ゲーです。

 

簡単ルールでさくさく、家族でも楽しめるペンギンパーティーぜひ遊んでみてくださいね!

では、よいボードゲームライフを! あんしらでした。

 

コメント