【小説】リピート 乾くるみ

小説

みなさんこんにちは、あんしらです。

 

今回のおすすめ小説はイニシエーションラブに続き、乾くるみさんの作品「リピート」です。

こちらの作品は有名なアガサクリスティーさんの「そして誰もいなくなった」+ケングリムウッドさんの「リプレイ」に挑んだ作品です。

※あんしらは「リプレイ」は未読。

 

おすすめ度「★★★★☆」

あらすじ

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら? ある日突然の電話で持ちかけられた、夢のような「リピート」の誘いに乗って、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて……。なぜ、犯人は「リピート」した者を狙うのか? 犯人は十人の中にいるのか? あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑作。驚愕のラストは絶対に見逃せない!

【「BOOK」データベースより】

 

みなさんは今の記憶を持ったまま、数か月前に戻ることができるとしたら、どうしますか?

あんしらはもちろん戻りますよ! 競馬やロト6で一発当てて、あとは楽に暮らしたいですね~。

 

なんていうお誘いがある日突然我が家にかかってくるわけなんですが、誘ってくるほうも誘う方で色々考えたもんです。

「本日何時何分にどこで震度いくつの地震があります」なんて言うんですよ。

確かに、それがほんとに当たったら信じちゃうかもしれませんよね。

 

主人公もそんな感じで戻れるかも~なんて半身半疑で誘いに乗っちゃいます。

そんな甘い誘いに乗ったのは9人の男女、そして主催者の男合わせて10人は”リピート”をほんとにしちゃうんです。

 

しかし、もどった10人は一人また一人と死んでゆきます。

犯人は誰なのか、主人公は生き残ることができるのか!

 

感想

あんしらは全く分かりませんでした!

あまり書くとネタバレになっちゃうので書けませんが、面白かったです!

主催者から”リピート”するにあたって事前に入念な説明があります。

それがなかなか長く、なかなか”リピート”しないんですが最後まで読んでみて思ったのは確かに必要な描写だった気もします。

 

まずは題材になった「そして誰もいなくなった」と「リプレイ」から読んでみたいという方はそちらから読んでみるのもよいと思いますよ!

もちろん「リピート」から読んでも問題なく楽しめる内容です。

 

どうやら調べてみたところ、読売テレビ・日本テレビ系で2018年3月で放送終了してしまったようですが、ドラマ化もされていたようです。

コメント