【小説】愚行録 貫井徳郎

小説

みなさんこんにちは、あんしらです。

 

今回のおすすめ小説は貫井徳郎さんのミステリー作品、「愚行録」です!

 

おすすめ度「★★★★☆」

あらすじ

ええ、はい。あの事件のことでしょ?―幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。隣人、友人らが語る数多のエピソードを通して浮かび上がる、「事件」と「被害者」。理想の家族に見えた彼らは、一体なぜ殺されたのか。確かな筆致と構成で描かれた傑作。『慟哭』『プリズム』に続く、貫井徳郎第三の衝撃。

【「BOOK」データベースより】

 

幸せそうな一家四人が惨殺された。

事件の真相に迫るため、ルポライターが関係者にインタビューしていくという内容です。

内容はすべてインタビューを受けている人の回答形式で、情景描写などは一切ありません。 インタビューしているライターも一切しゃべらないのでずっと一人で話しているような感じです。

 

最初は近所の住人からママ友、大学時代の友人といろんな人のインタビューになっています。

途中、謎の兄妹の会話が挟まる形式で物語は進みます。

 

インタビューを進めるうちに被害者夫婦の色んな事がわかってきて・・・

 

感想

なんて言うんでしょう、登場人物が被害者の話をするときの違和感。

人間の嫌なところが出ている感じ、見栄というかなんというか「亡くなった人のことを悪く言うのは嫌なんですけどね?」みたいな「自慢じゃないんですけどね?昔付き合ってたんですよ」みたいな何とも言えない、人間のいやらしさがタイトルにある「愚行録」を意味しているのでしょうか。

 

被害者はすでに亡くなっているのに、インタビューを読み進めるうちに被害者夫婦がどんな人だったのかがすごくよくわかる、貫井徳郎さんのすごい文章力を見せつけられました。

 

一家四人の惨殺事件の犯人は誰なのか、気になって一気読み必至です。

作品概要には一家四人惨殺事件について書かれているんですが、小説の冒頭のページには児童虐待で逮捕された母親の新聞記事が記載されています。

これはなぜなのか、途中までそのことすら忘れていましたがラストでつながってきたときはぞくっとしました。

 

また、一切しゃべることのないルポライターにも注意を向けて読んでみると楽しめる作品です。

 

映画化もされている作品ですので、映画で見たいという方はそちらから楽しんでみるのもよいでしょう。

 

では、あんしらでした!

コメント