【小説】そして扉が閉ざされた 岡崎二人

小説

みなさんこんにちは、あんしらです。

 

今回は岡崎二人さんの作品、「そして扉が閉ざされた」について紹介します。

岡崎二人さんは名前の通り、二人の方のコンビのペンネームです。

井上 泉(いのうえ いずみ)さんと徳山 諄一(とくやま じゅんいち)さんによるコンビです。

井上 泉さんはペンネーム井上 夢人としても作品を出している方です。

 

おすすめ度「★★★★☆」

あらすじ

富豪の若き1人娘が不審な事故で死亡して3カ月、彼女の遊び仲間だった男女4人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた!なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?4人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。

【「BOOK」データベースより】

 

主人公の彼女が不慮の事故で死亡してから3か月、当時一緒にいた男女4人は気づくと地下シェルターに閉じ込められてしまいます。

 

トイレには「お前たちが殺した」という謎のメモが。

一体4人はなぜ閉じ込められてしまったのか、主人公の彼女「咲子」は事故で亡くなったのではなかったのか。

4人はそれぞれ当時の記憶をもとに議論を始めます。

 

果たして本当にこの中の誰かが殺したのか、それともただの事故だったのか。

そして誰がこんな場所に閉じ込めたのか、その目的は・・・

結末は予想がつかない意外な展開に! 果たして4人は無事に脱出できるのでしょうか。

ハラハラ密室脱出推理小説です。

 

感想

読解力の無いあんしらはこういう登場人物の少ない、密室で回想しながら進んでゆく物語は結構好物です。

 

移動もしないし、登場人物も覚えやすいしとても頭に入りやすいんですよね。

 

読んでいる最中、4人の誰かが嘘をついているんじゃないか、疑心暗鬼になって人狼ゲームやってるみたいになりました。

 

文章もわかりやすいく読みやすいので、登場人物が多くて複雑なお話は苦手、という方にはおすすめの一冊ですよ!

 

 

コメント