【小説】@バスルーム 川上亮

小説

みなさんこんにちは、あんしらです。

 

今回のおすすめ小説は川上亮さんの作品、「@バスルーム」です。

 

図書館で裏表紙の説明を斜め読みしながら読む本を探していたところ、発見したこの本。

密室(バスルーム)で4人の少女が脱出を図るという内容は、あんしらの好物で登場人物が少なく密室なので移動も少なそうということで、これは読むしかないということで手に取りました。

 

おすすめ度「★★★★☆」

あらすじ

対馬瞳・湯川久美子・橘有希・白瀬さくらの4人の少女は、目覚めると見知らぬ場所のバスルームに閉じ込められていた。通信手段は、インターネットだけ。SNSを駆使して脱出を図る彼女たちだったが……?

【「BOOK」データベースより】

 

バスルームに閉じ込められた4人の少女はとあるアイドルグループのメンバーです。

かろうじて残されていた、音楽プレイヤーでなんとかWi-fiに接続しSNSで助けを呼ぶ4人。

4人はなぜ閉じ込められたのか、犯人の目的は。 無事に脱出できるのか。

 

感想

古い作品ばかり読んでいたあんしらですが、久々にSNSや音楽プレイヤーのような近代的なデバイスを駆使した作品で新鮮な気持ちで読めました。

ページ数も少なく、SNS(ツイッターのようなもの)でのやり取りなどが多く、かなりさくさく読めました。

たしか裏表紙には”残されたスマホを駆使し脱出を試みる”みたいなことが書いてあるんですが、スマホではありません、音楽プレイヤーです。

結構辛口に「スマホじゃないから!」みたいな突っ込みを入れている方もいますが、まぁそこまで気にするほどでもないので、スルーしてください。

 

最近、このようなSNSなどを駆使した作品が多く見られますが、この作品のおかげで読んでみたくなりました。

2018年11月に公開された、「スマホを落としただけなのに」のような作品も原作の小説を読んでみようと思います。

コメント